1000万円台で実現。注文住宅の工務店が提案する今までにないローコスト注文住宅プラン

1000万円台で小田原を中心としたヒノキ新築の家づくりをしています

“低価格で高品質な家”を注文住宅の工務店が提案する

これまでにない新しいローコスト注文住宅です

土地から探す家造りの方は「土地アドバイス」も実施中!

(対応エリア:小田原市全地域 南足柄 秦野市 大井 松田 平塚 他要相談)

耐震補償ひのき床コミコミ住宅 リビングin階段の図面(例)

資料請求


やっぱり無理なのかも・・家づくりを諦めないでください!

「ローコスト注文住宅のチラシ見て、仮契約したら@@も@@も必要?予算オーバーだ」

「やっぱり自分の予算じゃマイホームなんて夢だったんだ」

「土地買って家造りじゃ予算が合わないってマンションすすめられた・・」

と、諦めかけていませんか?

でも、

あきらめるのはちょっと早いかもしれません

はじめまして、アシストホーム代表取締役・勝俣です

代表取締役:勝俣

地元小田原を中心にローコスト注文住宅の家づくりをしています。

あなたは「限られた予算」と「理想」の間で

マイホーム計画に悩んでいませんか?

「限られた予算」で、なおかつ1000万円台で

安心して暮らせる家を

手に入れる方法がひとつだけあります

それは

家づくりにとって「大切なものは何か」を

「厳選する」ことです。

厳しい言い方ですが、多くの方はこれができないんです

「限られた予算」と「理想」の間で、

さまざまな取捨選択に迫られて悩んでいることと思います


ちょっとヤバイ?根拠のない価格交渉はキケン

低価格で高品質な家づくりはみんなが望んでいることです

でも、ちょっとまって

絶対にコストを削ってはいけない部分もあります

それを削ると命にかかわります

低価格で家づくりをしたい気持ちは分かります、

でも、根拠のない値引きは危険です

あぶないのです

そして

あなた自身にちょっと覚えておいてほしい大事なことがあります

「無理を言う」のと「相談をする」のは違います。

「無理」を言ってはいけません。

「無理」とは物事の筋道が立たず道理に合わないこと です

あまり強烈な「無理」を言ってはいけません。

道理に合わない家づくりになっちゃうかもしれないからです

・・イヤですよね、そんな家


ありえない?ローコスト住宅の真実?

実は、この数年で

お客様から学ばせていただいたことがたくさんあります。

数多くのビルダーさん、ハウスメーカーさんのお見積りを

拝見させていただいたことです

比べてみて知ったこと

まず

私のところでは、見積り金額に値引交渉幅をのせてません

お客様の顔色を伺いながら 金額を調整したり、

値引き分をあらかじめのせたりする

「どんぶり勘定見積り」 は一切ありません

どんぶり勘定ということは

まだ、計上されていない必要経費もあるということです

新築の見積り

「俺、昔この業界にいたから知ってます、ありえねえっす(怒)」

興奮しながら、お話をされた御主人もいらっしゃいました。

業界の困った「営業伝説」を

ここでおおっぴらにお話することはできませんので

くわしくは土地から探して家造りの秘訣を読んでみてください

私にしてみれば、なんて無茶なことをいっているんだろうと

ビックリするのですが

お客様にしてみれば「そ、そうかも」と

感じてしまうのかもしれません


だから私、作りました。ローコスト注文住宅コミコミプラン誕生秘話

そこで

私たち家づくりのプロ目線で「あるプラン」をつくりました。

「耐震補償ひのき床コミコミ住宅プラン」シリーズです。

1000万円台の家

まず、耐震補償をつけて自然素材の家を1000万円台で

という厳しい予算を設定しました

正直いって、ひつじ断熱サーモウールプランの方は

実現しないかもと思いました

しかし

住まい造りにおいて「大切なものを厳選する」ことに重点を置き

プランを何度も練りました。

シビアな選択を繰り返して完成に漕ぎ着けた自然素材ローコスト注文住宅プランです。

職人たちとも何度も話し合いを重ねました。

腕を磨いてきた職人らには信念・志もあります。

安売りの家づくりと一緒に見られるのはガマンがならない

という声が多数でした。

しかし、100年に一度と言われる世界不況です。

こんな時代だからこそ、

諦めかけていたマイホームの夢に

灯火を与えられるような家づくりプランを作りたい

その一心で完成まで漕ぎ着けました。

並々ならぬ想いがあります。

ですから、

見積り合わせの材料に、どこかと競合させてもっと安く!

と考えていらっしゃる方には、申し訳ありませんが

私どもではご期待に添えないためご遠慮いただいております。

真剣に家づくりで悩んでいらっしゃる方にだけ

この自然素材コミコミプランを使って欲しい。

それが本音です。


ご遠慮いただいております

でも

「この見積りでは、私たちは手が届かないんです」

という見積りをお持ちでしたら

是非、ご持参ください

私も全力でお応えします


私と共にもう一度、「大切なもの」を「厳選」し

あなたの家づくりについて見つめなおしませんか?

私もあなたの家づくりに全力で取り組みます

家づくりに燃えてる方!大歓迎です!

成否のカギは

プロの知恵と「建て主」であるあなたの熱意です

【追伸】

私のところではお客様の大切な住まいづくりのために、

商品の正規ルートによる仕入れ、我々の想定する保証等に加え

無駄な経費を削減し、施工レベルの高い職人で家づくりをしています。


手前味噌ながら、コミコミプランの品質は神奈川県内で比べても、

このバランスのよさはどこにも負けていない!と自負しています。

また、せっかくの家づくりですから、打合せも楽しく!がモットーです。


【耐震補償コミコミプランの工法は?】


最後に、気になる構造体ですが、どんな工法かお話しましょう

このコミコミ住宅は

木造在来工法をベースに「現代日本の家」に表現した構造体です。

「ええッツ!?木造の家なの?木の家は地震に弱いんじゃない?」

と思う方もいると思います。


地震があるたびにテレビ画面に映るのは

倒壊した古い日本家屋。 です。

だから、

木造は弱い!と思ってしまいます




でも、今日ここで気づいてください

昔と今では「家の造り方」は、天と地ほどの性能差があります。

日本家屋が地震に弱い住宅のように思われがちですが、

そうではありません。


【しなやかで強い、柔軟でねばり強い木材】


耐震補償つきコミコミ住宅は地震に負けない家であるために

ある木材を使っています

それはしなやかで強い、柔軟でねばり強い木材です

どんな木材でしょうか?


その前に・・・・・・・

誤解のないようお伝えしておきます。

コミコミプランと

コミコミプランでは使っている木材が違います

まず

プランは構造材にもヒノキをつかっています。

ヒノキは、ほんとうに有名ですし

ヒノキの家は多くの人が憧れる木材です

ヒノキはあちこちのサイトで語っているでしょうから

今日、ここでは書きません

本当は書きたいんですが長くなるのであきらめます(苦笑)

一方、

プランで使っているのは「集成材」です。


家づくりをちょっと勉強されている方は

「なるほどね」と納得するかもしれませんが

「ええ?!えーー?!?」と誤解される方が多いので

今回は「集成材」について書かせていただきます

住宅や家づくりの資格の勉強をされている方の場合は

「集成材」をまた違ったとらえかたをされるはずです。


そう!

集成材は一般木材と比較しても【強度】があり、

高品質でくるいも少なく、優れた木材なんです。




ただし、

私のところで採用している集成材は

決まりがあります。

ある一定の基準をクリアしたプレカット工場での集成材

これを使用するよう厳しく限定しています。

この工場で加工された柱や梁などは、高品質で

一本一本強度を確認することができるため、

高精度な構造計算を行うことが可能になります。

また、工場でミリ単位の精度でプレカット加工された資材は

バラつきやミスがないため現場での施工精度も高まります



ところで

素材については、こだわりがある方もいらっしゃると思います。

具体的に言うと

無垢がいい!

集成材のほうがいい!など

それはその方の「好み」です

私はどちらも否定しません


ただし、忘れないでください

太い材料や、天然素材の多くは

良い点がたくさんありますが

それに、見合ったコストをかけなければ

非常に「バランスの悪い建物」になります。

ご自身のお財布がどこまでついていけるか

これがポイントです。

バランス、バランスってウルサイなー、

って思いますよね?すみません


分かりやすく例えるならこういうことです

「オリンピックで、短距離競争を竹馬で走る」

こういうことです。

あぶなっかしいですよね。

うるさいと言われても、何度でも言います。

個々の材料よりも、

構造的なバランス(柱や壁の量と基礎の相性)の方が

はるかに重要なんです。


阪神淡路大震災でも、桧の住宅がずいぶん倒壊しました。

誤解しないでください、

桧を否定しているわけではありません

地震で木造が倒れた主因は

無理な開口部耐力壁の不足などです。

全体の構造的なバランスの悪さや

金物がしっかりと取り付けられていない

つまり

バランスが悪いんです


ズバリ言ってしまえば、

柱に集成かムクかなんて実はどちらでも良い。

大事なのは、

しっかりとした施工ができているか、です。

どんなに立派な木を使っても、

シロアリがあがってきちゃダメなんです。

家としてのバランスが悪けりゃダメなんです。


さらに、キツイことを申しますが

ユーザーさんが「付け焼刃の知識」木材を指定したり単材で使うと、

反り、曲がり、割れなどが発生します

これらは美観だけでなく、

強度低下につながります。

集成材はこれらの欠点を是正したもので、

決してローコストの為にだけ使うものではありません。

最近では

公共の建築にも、大規模集成材を用いた大型建築が

次々と建設されています。

集成材の接着剤論争もいろいろありますが、

一握りの粗悪な集成材を例に出して

全ての集成材が悪い!というような意見は

まだまだ勉強が足りないのではないかと思います


まあ、あまり根拠のない情報や

みるからに偏った意見には翻弄されないことが懸命です。


また、あなたが本当に地震や災害に対して

強い家を造りたいのであれば

「柱の太さが何寸〜」とか言ってる場合ではありませんよ。

「バランス」という考え方で

住まいづくりを進めてください。

この話になると、また長文になりますので

ここでは簡単にお話をするだけにします

【コミコミプランはローコストなのに注文住宅クラスの品質!】


ローコスト注文住宅・コミコミプランの間取り(あくまでも例)

【(その1)1F間取り例】

※1FのLDK【】プランの天井には木のぬくもりを感じる梁(はり)が付きます

コミコミ住宅の1F図面

【(その1)2F間取り例】

コミコミ住宅の2F図面



【(その2)1F間取り例】

※1FのLDK【】プランの天井には木のぬくもりを感じる梁(はり)が付きます

コミコミ住宅の1F図面

【(その2)2F間取り例】

コミコミ住宅の2F図面


キッチンは大好評の2タイプ!お好きなほうを選んでください!

1)フラットカウンターと木製カウンターの2タイプから選択可

2)キッチンのカラーは20色からチョイス!

3)耐震ストッパー標準装備

4)キッチンの大きさは2550mm。

5)コンロ横に調味料などを入れる小引き出し付き。

6)扉カラーも選べる

7)引き出しは「オールスライド」でたっぷり収納

8)シンクは『制震シンク』で水ハネ音を抑える構造


キッチン

キッチンスタイル

★★2タイプから選べるようになりました★★

オープンとセミオープンキッチン

【1690】プランは全室ひのき床・建具ドアは無垢でフシなしの美しい名品が標準

★【】プランは天井梁(ハリ)も標準

☆LDKのシーリングファンも標準

1)プランの建具は全て無垢

2)カラーは3色から選べます

3)無垢材の反りを抑えた柾目を使用

4)30年かけて苗木から育てる一流ウッドワン製品採用

5)床は全室ひのき床

6)更にタイプはキズも汚れもつきにくい床仕様

木のハリ

無垢の建具

アシストホームのヒノキ床

無垢の建具

無垢の建具

無垢の建具

★30年かけて苗木から育てる建具の一流ウッドワン製品採用

無垢の建具


【1490】プランの建具ドアはホルムアルデヒド対策の最上級品

☆LDKのシーリングファンも標準

1)この価格で実現!LDKは感動の無垢ひのき床

2)建具はホルムアルデヒド対策F☆☆☆☆最上級品

3)トルエン・キシレン、他の12物質も不使用

4)MDF採用で環境に優しい

5)有害物質が出にくいHPJハイプロテクト樹脂シート仕様

6)建具のカラーも選べます(近日モデルチェンジ予定)

建具は4色

ドア

ホルムアルデヒド対策は最上級品


厳選オール電化・有名メーカー採用です

1)初心者も安心ユニバーサルデザイン追及の厳選オール電化

2)IHはパナソニックのタッチキー式フル天面操作

3)両面焼きグリル付き

4)ラジエントヒーター付きでIHで使えない鍋もOK

IHクッキングヒーター

5)エコキュートはトップブランド・コロナ製品

6)スイッチポンでお湯はり開始・追い炊き機能付

7)効率よくお湯を沸かし保温するので節約効果あり。

8)貯水タンクだから緊急時にタンクの水が使用可能

IHクッキングヒーター


バスルームはゆったりサイズ

1)バスルームは1坪サイズ(色も選べます)

2)浴槽はベンチ付きのオーバル浴槽。

バスルーム

3)ひやっとしない『サーモ床』

4)鏡と小物フック付き収納棚2段

5)手を汚さず排水口のお手入れ簡単「くるりんポイ」採用

6)あると便利・ランドリーパイプ付き

バスルーム

バスルーム

洗面台はエコハンドルと洗面器が大きくなってゆったり使えるバージョンUP

1)サイズ750タイプ高さ800

2)扉はお手入れ簡単な鏡面仕上げ

3)ホース付シャワー水栓

4)エコハンドル水柱

5)扉と洗面ボウルのカラーも選べる

洗面台

洗面台

洗面台詳細

トイレは1Fと2Fに標準装備

1)超節水eco6トイレ。

2)選べるカラーも充実

3)ハイパーキラミック・抗菌樹脂

4)1Fウォシュレット機能付き暖房便座

5)2F暖房便座

トイレ

トイレ

サッシ・シャッターで断熱性能もUP

1)1F履き出し窓はシャッターつき

2)複層ガラス標準で温度変化を抑える保温効果

3)【】プランは更にローイー付きで暖冷房費の節約向上

4)「うっかり防止クレセント」機能付き

窓ガラス

窓ガラス

耐震補償ひのきコミコミプラン・含まれる内容


※★のマークは【】プランの仕様です

詳細一覧

ゴチャゴチャして分かりにくくてすみません・・

真剣に考えたい!という方はお気軽に資料請求してください

こちらから電話するようなことはしていませんので安心してください

※すみませんが同業種さんの資料請求はお断りしております

資料請求


【ひのき床コミコミプランは「ローコストで高品質、注文住宅並み」なぜ安い?】


1) ローコスト注文住宅プランですが、ただの安い家ではありません

2) 注文住宅の工務店が作った特別な新築プランです

3) コストを最大限に抑え、ムダなく作られたプランです

4) 基礎など重要なコストは削りません

5) 間取りを機能優先でシンプルにしました

6) 建築費用を安くするために宣伝に使う費用を極力抑えています

7) ですから住宅展示場や華美なパンフレットはありません

8) 展示場はありませんが工事中の現場見学が可能です

9) 地元限定にすることでコストをおさえています(弊社の近郊に限定)


お願い

【知らなきゃヤバイですよ。坪単価のマジック!ローコストにひそむ不思議な・・・】


ローコスト注文住宅の不思議

ローコストと金額のマジック

じつはローコストじゃないかも

ローコストと坪単価のしくみ



1000万円台の注文住宅「耐震補償ひのきコミコミ住宅プラン」ここをクリックして資料を取り寄せる!!




【Q:ウチは建替えだから地盤調査を省いていいよね?】


A:

ごめんなさい。それはダメですよ(;´д`)建替えでも地盤調査は欠かせません。

現在、建物が建っているからといって、

これから建てる建物に合わせて地盤を調べないと

危険です!!!

ご家族が安心して暮らしていただくためにも重要なところですので

しっかり地盤調査をなさってください

【Q:ローコスト注文住宅って低価格の家づくりだから「手抜き」が心配です】


A:

自社で地盤調査や工事途中の検査をしている会社もある

のをご存知ですか?

そのほうが、よりコストが抑えられるからです。

しかし

アシストホームでは、あなたにもっと高い信頼と安全を提供するために

調査や検査は、第三者による専門機関に依頼しています。

つまり

大切なところはコストを惜しみません。

もちろん地盤調査と工事途中の検査費用もコミコミです。

【Q:安くて有難いけど私には「工事の質」が分からない、大丈夫?】


A:

私たちは、地元に住み地元の職人たちと家造りを行っているため

そんな腹黒いことはできません。もちろんするつもりもありませんが。

しかしこんなことを見ず知らずの私が申し上げても

こんな時代です、信用いただけないのも無理はありません。

そこで

あなたに、高い信頼と安全をご提供するために

第三者に工事途中に検査してもらっています

それぞれの工程別に瑕疵 (問題) が起きないよう、

JIOという住宅瑕疵担保責任保険法人(国土交通大臣より指定)の

検査員が検査をおこないます。

検査員がチェックリストに沿って確認しますので漏れがありません。

合格しなければ次の工事へ進めないので安心です。

【Q:このローコスト注文住宅プランのアフターフォローは?】


A:

住宅の定期点検を2年おきに行っています。

2年目、6年目、8年目、10年目、12年目、16年目と

定期点検は続いていきますから安心です。

住まいは早め早めの、メンテナンスが有効です。

例えば

1万円ほどの部品交換で済むものが、

たぶん大丈夫だろうというお客様の自己判断(?)で2年・3年・・

と、月日が流れ経過してしまうと

故障箇所が悪化してしまうこともあります。

小さい部分交換で済んでいたのに

全体を交換しなければならなくなって15万円かかってしまった

なんてこともあります

困ったことがあればいつでも相談してくださいね。

資料請求


注文住宅・小田原アシストホームの家造りが雑誌に載りました


はっきり申し上げます。

雑誌掲載や広告掲載はお金がかかりすぎるため

私のところでは積極的に行いません。

その費用分を、あなたに「還元」できると考えているからです

「耐震補償ひのきコミコミ住宅」が高品質なのに

低価格なワケはこういう部分にもあります。

ただし

取材掲載など、ご協力いただき掲載させてくださる場合は

喜んで雑誌掲載させていただいてます(笑)

「雑誌に載りました。広告に掲載されました。TVに出ました」

と、書いている工務店さんがいらっしゃるので

私も同じようにHPに載せてみました(笑)

いずれもお声をかけていただき掲載していただいたものです。

ありがとうございました。

私のところのようなささやかに経営している地元工務店には

嬉しいかぎりなのです。

リクルート社 神奈川の注文住宅 春号

オール電化特集にてH様邸の「呼吸する家」が取材されました。

神奈川で家を建てる小田原アシストホーム掲載

リクルート社 神奈川で家を建てる春号

オール電化特集にてT様邸の「ガレージハウス」が取材されました。

神奈川で家を建てる小田原アシストホーム掲載

遮熱材を使ったオール電化の家。ひのき風呂も

神奈川で家を建てるガレージハウス

プラスリビング

建築家特集にて「H様邸」が取材されました。

施工は我がアシストホームです。

湯山シゲユキ先生による素敵な設計です

プラスリビング小田原アシストホーム掲載

笑顔がすてきな湯山シゲユキ先生のHPはコチラです

アトリエシゲ一級建築士事務所

お会いしたら、きっと設計をお願いしたくなっちゃいますよ(笑)